2015年09月30日

出発(0日目)

5月に2回もタイを旅行したのでちょっとダレ気味ではありますが,少し休みがとれそうだったので勢いでチケットを買ってしまいました.PPが貯まるスターアライアンス系にすれば良いものを,年始に良い思いをした印象(参照:帰国)が強かったことからJALのチケットを購入しちゃいました(参照:スコータイに行きたい!(7月の渡航を計画)).今思えば,ANAにしておけば来年のプラチナ維持がもっと楽になっていたのですが…

今回の旅の予定は,スコータイ経由でピサヌロークまで行って現地の友達と一緒に遊んで1泊し,それからパタヤに移動して3泊するというものです.日本・バンコクを普通に購入し,バンコク・スコータイ間をバンコクエアウェーイズ(PG)の特典航空券を利用するという,ちょっと特殊な組み合わせです.この場合,スワンナプーム空港で一旦入国を済ませて出発ロビーに行き,PGのカウンターで改めてタイ国内分のチェックインをしなければなりません.乗り継ぎ時間は2時間で結構タイトです.

新千歳空港のチェックインカウンターでJALのお姉さんにその旨を伝えると,荷物をスコータイまで直接送るように(スワンナプームで一旦ピックアップしなくても良いように)いろいろ頑張って調べてくれました.PGへの乗り継ぎばまだ事例が少ないようで苦戦したみたいです.PGはJALと提携したばかりでしたしね.そんなわけでチェックインに要した時間は30分ほど.無事CTS→HND→BKK→THSと記載されたタグを付けて貰えました.で,渡されたチケットはP(プレミアムエコノミー)でした!C(ビジネス)じゃ無いけど,深夜便でのアップグレードはやっぱり嬉しいものです.ANAじゃこれまで一度も無かったもんね.

t201507_0_3.jpg
「本当にBKKでピックアップ不要?」と5回ほど確認したのですが…


スワンナプーム空港には定刻より早い現地時間の午前4時半に到着.PG便の出発時間は午前7時なので,これなら余裕だろうと少し安心します.ところがここからが大変でした.入国審査はそれなりに混雑していて,通過できたのが午前5時ぐらい.JALのお姉さんの言葉を信じて,入国後,ラゲッジクレームを素通りして税関を通過.セキュリティゾーンの外に出て4階に上り,PGのチェックインカウンター(Fの島)に向かいました.

PGのチェックインカウンターには10人ほどの行列ができています.NH*Gの表記を見せますが「ごめんなさい」とのことで優先レーンは使わせて貰えませんでした.10分ほど待ってようやく自分の順番になりました.ところがここでトラブル発生.PGチェックインカウンターのお兄さん,荷物はここでピックアップしなければダメだと言います.いろいろ電話して確認するのを待たされた挙句,2階のラゲッジクレームに逆戻りさせらせました.荷物がロストしたわけでは無いのだけど,ロストカウンターで探してもらうことに.

t201507_0_2.jpg
ラゲッジロストのカウンターで待たされる…

ロストカウンターのお姉さんもいろいろと電話で確認.無愛想に7番のベルト前で待つように言いました.指定されたベルトはラゲッジクレームオフィスの目の前.端から2番目で,いかにも普段は使ってなさそうな雰囲気です.不安に思いながら待っていたら,約5分後,ベルトが回転し始め,さらに3分後,私の荷物だけがポツンと出てきました.この時点で,すでに午前6時を回っていました.急いで出発ロビーに戻ります.

t201507_0_5.jpg
ここから出てきました

PGのチェックインカウンター前には相変わらず行列ができていて,順番が回ってきたのが6時10分過ぎ.ボーディングパスに書かれていた搭乗時間は6時20分だったので,急いでセキュリティチェックを済ませて出発ゲートに向かいました.幸いにもタイ国内線のセキュリティチェックは空いていて,6時20分少し前にはゲートに到着することができました.実際に搭乗が始まったのは6時半ぐらいでした.

t201507_0_4.jpg


バスで飛行機まで移動.スコータイ行きは,小さなプロペラ機でした.定刻よりも10分ぐらい早くドアが閉まり,離陸したのが定刻の午前7時ちょうどでした.

t201507_0_1.jpg
短いフライトですが機内食が出ました

結果的にJALのお姉さんの頑張りが逆効果になってしまいました.もちろん,親切でしてくれたことなので責めるつもりはありません(おかげで,スリリングな乗り継ぎを体験できました!笑).今後,同じようにJALからタイ国内線に乗り継ぐ予定がある方の参考になればと思い書いてみました.
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月29日

2015年5月タイ旅行反省会

今回も,夜遊びを中心に旅をまとめてみました.
初日マリアちゃんとの一戦で大失態…(ペイバー無し)(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
2日目Tちゃん(LB)をまさかのペイバー(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
3日目ソイ6の女子大生ちゃんと初エッチ(ペイバーはVちゃん)(1) (2) (3) (4) (5) (6)
4日目帰国(1) (2) (3)

今回は旅行期間が3日しか無いのに,初日はペイバー無し,そして2日目にTちゃん(LB)を意味もなくペイバーと,なんともモッタイナイ時間の使い方をしてしまいました.ガツガツするつもりはありませんが,せっかくのパタヤ,もう少し有意義に過ごしたいものだと反省.

今回も前回に引き続いて,私のエース的な存在はVちゃんでした.この子は天真爛漫な性格と,むっちりなのに引き締まった綺麗なカラダがとても魅力的です.南国風の,パーツがはっきりした顔も私好みです.前回出会ったときから「ソイ6の女の子」として,確実に成長(?)しているのが,嬉しいような残念なような.野生児みたいな言動がどう変わっていくのだろうか… 今後が楽しみであり,不安でもあります.

今まで,一緒に楽しく飲むだけの仲だった女子大生ちゃんとの関係が一歩前進しました.彼女は存在がフワフワしていて,実在感が希薄な女の子です.明日にでも居なくなってしまいそう.いつも「次回はもう会えないだろうな」と思ってしまいます.また会えるといいのだけれど.

ソイ6のショートカットちゃん(Dちゃん)との出会いもありました.彼女は幼児体型のブサカワ顔ですが,明るい性格と高いコミュニケーション力で今後気になる存在になりそうです.
(おわり)

次の日記は,不完全燃焼だった7月のパタヤ〜バンコク旅行分です.


タイの滞在記録
  • 2015年度:4回目(通算21泊)
  • 通算:集計中
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月28日

Xperia M4 Aqua初期不良(解決)

海外用に購入したXperia M4 Aqua(参照:Xperia M4 Aquaが来た!),先日,バンコクに行った際初めて音声通話に使いました.到着ロビーでMr. Tタクシーのドライバーを見つけることが出来なかったので,メールで送られてきた番号に電話をしてみたのですが,相手は電話口で「ハロー.ハロー? ハロー?」と繰り返すばかりで,こちらの音声が聞こえて無さそうな雰囲気です.焦りましたが,ひょっとしてマイクがオフの設定になっているのかもしれないと考えて,イヤホンジャックにソニー製イヤフォン+マイクを差してかけ直すと,無事通話することが出来ました.

その後,設定をいろいろと調べましたが,それらしいものが見つかりません.設定→端末情報→器機診断 で「テスト」タグをタップして「マイク」を選ぶと,マイクのテストをすることができました.結果は「不合格」.初期不良ですね.

aqua_mic.jpg


ウェブで情報を探すと,Expansysで購入した人の中に,同じ症状の方がおられるようです(参考).この方は,「動画撮影時にはマイクが正常に動作している」と書いてあるので試してみると,なるほどちゃんと音声も記録されていました.ソフトウェアの問題だったら,システム初期化で直るのかな? さっそくExpansysに問い合わせのメールを書いてみました.今のところ,2日ほど経過していますが,まだ返信は貰えていません.今後,何か展開があればまた報告します.

WIFIもときどき見えなくなってしまうことがありました.iPadでは使えていたので端末側の問題だと思います.これについてもウェブ上で何件か同様の報告が見つかりました.ただ,こちらは再現性が確認できていないので,何が悪いのかははっきりしていません.

ついでに,Aquaを何日か使ってみての感想を書いておきます.筐体デザインのかっこよさは気に入っています.これでサイズがもう一回り小さかったら言うことありません.価格も手ごろだったので,海外用と割り切って使うのには良い選択だったと感じています.

しかし率直にいうと,「次回はやっぱりiPhoneなか」という気持ちです.何が悪いのか,と言われると言葉で説明するのが難しいのですが,いわゆる「操作感」というやつです.iPhoneでは「作業」に集中できるところを,Android OSでは,「操作」に意識を(僅かかもしれせんが)割かれてしまう感覚です.

もちろんiPhoneとAquaでは,価格帯も製品レンジも異なるのですが,これはハードウェア性能の問題では無く,OSの設計哲学の問題だと感じています.あと致命的なのは,やはりカメラの性能です.解像度などのスペック的には問題ないのですが「撮りたい瞬間をちゃんと綺麗に撮影する」ということができません.静止しているものをゆっくり撮影するときは,比較的綺麗に取れるのですが… おかげで今回の旅行は,スマホ撮影の写真が大幅に減ってしまいました.追記
posted by Pen at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外での携帯電話