2015年08月14日

アメリカ旅行 事後報告

私たちが乗ったBR15便、LAX→TPEは、01:25→9:00→12:00→15:30と3回スケジュールが変更されて、15:20頃に搭乗が始まりました。当然出発時刻も少し遅れて、ドアが閉まったのは16時前だったように思います。

心配していた機内のサービスは良好。食事は、搭乗直後のディナーと、到着2時間ほど前の朝食の2回。スケジュール変更を知らせるメールには、「食事等のリクエストは全て無効になるから、再度ウェブから申し込んでね」という内容の注意書きがあったのですが、私のリクエストはちゃんと申し送られていました。

台湾桃園国際空港に着陸したのは、最終的なスケジュール変更からさらに10分ほど遅れた午後8時ぐらい。当初の予定からは、14時間ほどの遅れでした。到着後はフライト変更の長い列に並びます。カウンターでは翌日の航空券とホテルを用意するという説明をうけ、航空券とパスポートを預かられて、代わりに番号が記入された用紙と250TWDの食事券を渡されました。そして国内線出発ゲートのレストランで食事を取ってから21:30に再集合するように指示されました。

機内で朝食を食べたばかりなのであまり食欲は有りませんでしたが、せっかくなので小籠包を食べます。指定された時間に戻ってみると、すでに長蛇の列が出来上がってました。しばらくすると列が動き出し、ゾロゾロとイミグレーションと税関検査を通過します。職員の対応があまり良くないため、やたらと時間がかかり、バスに乗り込めたのは1時間半後の午後11時。それからひたすら40分ほど走って、12時前にようやく新竹市にあるホテルに到着しました。

用意されていたのはシェラトンのツインルームで、一人では広すぎる立派な部屋でした。チェックイン時に指示された集合時間は、午前5時半。12時過ぎにやっと部屋に入ることができました。この時点で、まだ翌日の便についてはなにも知らされていません。疲れ果てていたので、シャワーを浴びて熟睡しました。

翌朝5時には、部屋のモーニングコールが自動的に作動しました。手荷物をまとめてチェックアウトを済ませると、簡単な朝食のボックスが配布されました。バスに乗り込み空港に戻ります。再び長蛇の列で手荷物検査を受け、さらに列に並んで、前日に貰った用紙と引き換えにパスポートと新しいチケットを受け取りました。この時点で、ホテルを出発してから2時間後の午前7時半ぐらい。搭乗時刻の約2時間前でした。

この日も何便か遅延していたようですが、幸いにも私の乗った便は定刻に搭乗開始。ただし、滑走路混雑でしばらく待たされて、結果的に定刻より20分遅れで帰国しました。当初の予定からは24時間遅れの帰国でした。疲れた〜

PS.
8/19まで、ネット環境が悪く、Blogの更新とコメントへの返事が遅れると思います。ゴメンなさい。
posted by Pen at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記