2015年08月09日

旧市街散策(4日目 その1)

チェンマイ滞在3日目,午前は旧市街のお寺を散策して過ごしました.寺巡りは暑いので午前中がお薦めです.何度か行ったことがあるワット・チェディ・ルアン,ワット・プラシンの他,小さなお寺をいくつか見学しました.お気に入りのルートは,レッドトラックでワット・プラシンまで移動して,門前に伸びるラチャダムヌン通りを,路地を寄り道しながら北上するルートです.この辺りは,小さなお寺や,マッサージ店が点在していて,歩いているだけで楽しめます.暑いですが…

c0505_4_1_4.jpg
ワット・チェディ・ルアン


ちょうどいい時間になったので,スリーキング・モニュメントの近くのローカル食堂が集まったエリアで昼食をとることにしました.


この辺り


このエリアのお店は,値段が安く,味も悪くないので何度か訪れています.今回は,看板に変な日本語表記があるお店に入ってみました.

c0505_4_1_1.jpg

c0505_4_1_3.jpg


このお店,看板は面白いのですが,中は普通のタイ飯屋さんです.特別日本人をターゲットにした店というわけではなくて,店内のメニューはタイ語と英語だけ.客も地元の人たちに混ざって,ポツポツと西洋人が入っているという感じです.看板にある「カオソーイ」はチェンマイのカレーラーメンみたいな料理です.太めの麺にピリ辛のスパイスが効いたソースがかかっています.日本人には馴染みやすい味だと思います.

c0505_4_1_2.jpg


ワット・プラシンの近くに良い感じのマッサージ店がありました.マッサージ好きの嗅覚が「ここは入るべし!」感じたので,直感に従って入ってみました.結果は丁寧な接客と清潔な店内で大正解でした.ただ,問題は客層.お客のほとんどが中国人でした.初め,他に客が誰も居なかったので,室内はとても静かでリラックス出来たのですが,途中から中国人客がたくさん入ってきて,うるさくてとても不快でした.マッサージを受けながらあれだけ騒げるのも凄いと思います.

映画「ロスト・イン・タイランド」の影響で,チェンマイは中国人に人気の観光地になっているので,観光ガイドに載っていそうな店は,どこも中国人で一杯です.とても残念です.

(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記