2018年04月23日

2018年04月22日のつぶやき












posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 速報

2018年04月22日

パタヤに移動(4日目<パタヤ1日目> その1)

古都チェンマイを後にして,いよいよ性都パタヤに移動です.フライトは15時20分発のTG111便ちょっと早めに空港に移動して,ラウンジで少し早めの夕食を頂くことにしました.

現在,チェンマイ空港国内線側のTGラウンジは改装工事中らしく,チェックイン時に臨時ラウンジの地図を渡してくれました.セキュリティチェックゲートの手前にあるレストランの半分がランジとして利用されていました(注:2018年3月現在,まだ工事中で同じ場所がラウンジとして使われています).

IMG_20171118_135816381.jpg
このレストランの一部がラウンジとして使われてます


ビュッフェエリアにはホットミールやコーヒーは置いてありませんが,代わりに料理とドリンクをそれぞれ1点づつメニューから選択してオーダーすることができます.個人的には通常のラウンジよりこちらの方が好みでした.



いろいろ選べたけど,チェンマイといえばやはりカウソーイ,ということでカウソーイとレモネードを頂きました.ビュフェエリアにオレンジジュースはあるけれど,食後のコーヒーは置いてなかったのでホットコーヒーを頼めばよかったかも.



スワンナプーム到着後,Bell Travelでパタヤへ.今回のホテルは最近よく使うDホテルです.このホテル,ロケーション以外は何が良いという訳では無いのだけれど,逆に欠点がほとんど無いので安心して利用できるのです(参照:パタヤのホテル(12):Dホテル).

車内はとても空いていて快適.パタヤのバスターミナルからのバンはなんと1台だけでした.



パタヤ到着後,まずは軍資金調達.ホテル近くの両替所で3万円分を両替しました.両替が終わったタイミングでちょうどソンテウが来たので軽く手を上げて乗車.今回は珍しくWSからスタートしてみることにしました.


(つづく)
posted by Pen at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月21日

久しぶりのチェンマイ(1日目〜3日目)

2017年11月,今回はチェンマイ〜パタヤの7泊8日の旅です.久しぶりのチェンマイなので,古都の雰囲気を味わいながらのんびり過ごす予定です.

宿はお気に入りのニーマン通り沿いにとりました.夜遊びゾーンからは少し離れているのですが,周りに落ち着くカフェや良い雰囲気のレストランがたくさんあって,滞在エリアとしては適していると思います.夜もレッドトラックに乗れば10分ほどでターペー門辺りまで40バーツ移動できるので,それほど不便には感じません(帰りはトゥックトゥックで100バーツ〜200バーツ).


チェンマイ空港到着



SIMが必要な方はここで無料SIMをゲットすると良いと思います.国際線の到着時間に合わせてスタッフがくるみたいだけれど,ピークが過ぎるとすぐに居なくなちゃうので,欲しい人は先に貰うことをオススメします.

初日:ロイクロ通り偵察


午後8時すぎにホテルに到着.荷物を整理したあと,軽く出かけることにしました.レッドドラックに乗ってロイクロ通りへ.平日だからかあまり人通りがありません.バーの営業もほとんどなく,期待していた以上に静かです.

明日,明後日と知人が日本から遊びにくる予定になっています.タイ初訪来の彼が「ムエタイを観たい」と言っているので,下見を兼ねてLoi Kroh Boxing Stadiumの周りのバービア群に行ってみることみしました.



バービア群に入ると,女の子の数は若干増えたけど,やはり暇そうな店が多いようにみえます.リングの周りをぐるっと回って,始めに声をかけられた店に入ってみました.



声をかけてくれた女の子は,25〜6歳ぐらいの,いかにも「田舎に子供を残して出稼ぎにやって来ました」という雰囲気の,普通の女の子でした.ドリンクを出して,ビールを注文して会話.ムエタイの試合のことを訪ねてみると,都合の良いことに「リアルファイトは明日」と教えてくれました.


おつまみを出してくれたり,夜食を分けてくれたりというゆるーい空気の中,ついダラダラと長居をしてしまい,11時頃,チェックビン.帰ろうと思っていたら別のお店の前で割と感じの良い子に声をかけられてイン.1時間ほど飲み,「明日も来てね」と送り出されてホテルに戻りました.チェンマイのバービアも悪くないな,と改めて感じたのでした.



2日目:ムエタイ観戦


予定通り,知人とムエタイ観戦へ.初めてなので,リングサイド席のチケットを購入,600バーツ也.本当にリングかぶりつきのベンチ席で迫力満点.安い方(確か400バーツ?)は2列ほど後方になるし,席も狭そうなのでどうせ見るなら良い方の席がオススメです.ちなみに試合開始直前には,だいたい埋まっていたので,良い席は早めに来ないと売り切りるのかもしれません.


ざっと見渡す限り,観戦していたのは我々以外はすべてファラン.アジア人にはあまり人気があるとは言えないようです.試合は午後9時半ごろから始まり,軽量級,重量級,レディース,余興を挟んでメインイベントという流れで全6試合.すべての試合が終わったのは午後11時頃でした.

「一杯飲んでから帰りましょう」ということで,リングサイドの「コヨーテバー」というお店に入ってみました.ここはオープンではなく,壁で仕切られていて,中はわりとおしゃれな作りになっています.カウンターの中に女の子が3人.私に付いてくれたのはスレンダー色白美形の,かなり良い感じの子でした.


この並びのお店です


「PATTAYA」と胸に書いたピチピチのタンクトップを着ているので「どうして?」と尋ねると,実家がチョンブリーかどこかで,ちょっと前までパタヤで働いていたとのこと.あんまり馴染めなくてここに来たのだけれど,客が少ないので来月にはパタヤに復帰するみたいです.この子からパタヤでも稼げるだろうなー



3日目:LBバー〜Foxy Lady


翌日,知人が「レディーボーイを見てみたい」というので,再びロイクロ通りへ.知っているLBバーはソイ中程のFriends cornerだけなので,このお店に直行しました.このお店は,もう1年以上前に2度ほどったことがあります.


昼間見ると小屋ですね...

先客はカウンターのファラン客だけ.入り口付近のテーブル席に陣取りました.

知人は,大柄だけどそこそこ見れるお姉さまたちに囲まれて楽しそうにしているので一安心です.「ビリヤードをやりたい」と,お姉さまとテーブルに向かったので接待モードを解除して,改めて店内を観察してみました.一番の美形はカウンターのファラン客がキープ中.席に付いてくれているのはそれに続くラインナップで,その他は一目でオカマと分かるお姉さま方でした.カウンターの美形をそれとなくチェックしていると,付いてくれていた子が冗談ぽく言います.

「彼女が好き?」

カウンターの方をジロジロと見てたつもりは無いのに,やっぱり客の視線には敏感なのですね.

「綺麗だね」
「彼女は人気があるのよ」

そりゃそうでしょう.あまりLBのことを知らない人ならば,本物の女性と間違って惚れてしまうかもしれないレベルです.(そしてこの店では,そのレベルは彼女,一人だけでしょう)

知人がどんどんドリンクを出しちゃうので,不安になってきてチェックビン.会計は予定していたよりも高く,1人1,000バーツほどでした.LDたくさん出しちゃったから仕方ないです.しつこいドリンクの要求はなく,ちゃんと会話を盛り上げてくれるので,悪い店ではないように思います.

口直し,というわけではありませんが,せっかくなのでA go goも見てもらおうと,久々にFoxy Ladyに行ってみました.

店内に女の子はたくさんいるけど,お客は少なめです.ファラン狙い,アジア狙いに分かれているようで,日本人が好みそうな子たちが入れ替わり営業に来てくれました.予想通りではありますが,先ほどの店よりずっと楽しんでもらえたようです.


この日も12時ぐらまで飲んでお開き.健全にホテルに戻りました.やはり後ろにパタヤが控えていると,エロ意欲が低下しちゃうみたいです.
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記